お金 支払い

お金に困って借りるしかないなら?

MENU

お金で頭を抱えた日々、友人が借金を返済してくれない!

もう5年前の事です。
当時友人が経営していた会社が倒産しました。
建設関係の、従業員が10人弱の小さな会社で、私もそこで働いていました。
責任感の強い友人はかなり精神的に追い詰められて、最終的には自ら命を絶ってしまうという最悪の決断をしてしまいました。

 

 

当時の生命保険で、自殺の場合、支払われるものとそうでないものがあったようで、ほとんどはそれでまかなえたようですが、私の場合最終的に友人に貸していたお金があり、それが戻ってこなかったのと、当然急に仕事が無くなって、雇用保険にも入っていなかったので無収入になってしまったので、お金にかなり困りました。
そして間が悪いことに、当時実家の父が体調を悪くして倒れてしまい、こちらがお金が大変でも、そこに頼る訳にもいきませんでしたので、結果的にカードローンで借金をして、急場を乗り切る事になりました。

 

それでも就職活動がなかなかうまくいきません。
収入もアルバイトなどで回していたのですが、借金は徐々に膨らんでいきました。
どうなるものかと頭を抱えていたのですが、皮肉にも父が他界して、その相続でお金が入り、問題は解決しました。
今は地道に仕事をして、多少の貯金が出来るまでになっています。

 

お金の知識不足、キャッシングの借金返済の痛恨のミス

現在では、支払いはすべて終わっていますが、以前利用したクレジットカードを利用したキャッシングで痛恨のミスをしてしまいました。
それは、リボ払いでの返済の選択をしたことと、以前のリボ払いの支払いが終る前にまたリボ払いの選択をしたキャッシングを重ねてしてしまったことです。

 

 

リボ払いのことをよく調べもせずに、入金額の月々同等金額払いと勝手に自分で思い込んでしまったためです。
おかげで長きに渡る支払いをしなければならなくなってしまいました。

 

それに、クレジットカードのキャッシング枠の利用分は、ショッピング枠の利用と同時に返済していたので、期間が長いことには気がついていたものの、もうそろそろ終わるだろうという安易な考えを持っていたということも重なりました。

 

リボ払いであまり多くない金額を設定してしまいますと、入金金額のうちでの元本に充当される金額は少なくなってしまいます。
元本がなかなか減らないことで、期間が長くなってしまい、結果的に総額が多くなってしまいます。

 

借金をした場合にはなるべく早く返済してしまうことが自分を助けることにつながることをこの時の経験から嫌というほど思い知らされました。
それ以降、リボ払いは一切利用しなくなりました。

 

借金してお金を自分に投資、後悔しながら返済しています

元々は浪費家ではなく、妊娠前まではフルタイムで働きその中で自分に投資していました。
お洒落やエステが大好きでしたが、それなりに稼いでいたので、自分にお金を使っても貯金が出来ないと言うことはありませんでした。
しかし、第一子を妊娠し仕事を辞め、主人だけの収入での生活になりました。

 

 

以前までの生活はなかなか変えれるわけでもなく、マタニティエステに毎週通いました。
産後も産後エステや美容外科のしみとりなどかなりの出費でした。
それだけではなく、マタニティ用の洋服やら産後はお洒落な授乳も購入。

 

今まではそれでも良かったのですが、主人だけの収入になり、そんな生活はやっていけるわけがありません。
やめようやめようとは思っても、育児ストレスが買い物やエステやマッサージで発散と言う悪循環。
どうしようもなくなりました。

 

あれよあれよと言う間に二人目も妊娠。
一人目のときの洋服は全部捨ててしまい、また新しいマタニティ用の洋服やらを購入。
こども服の買い物も楽しくて仕方ない。
そんな日々が続き、ついに貯金もなくなってしまいました。
家計の貯金に手をつけるわけにもいかず、ついにクレジットカードでキャッシングしてしまいました。

 

最初はドキドキしましたが、あっと言う間に30万。
さすがにやばいと思い、子供を預けて働き必死で返済しました。
もう二度としたくない、最低の思い出です。
未だに主人は知りませんし、今後も知らせないと思います。

 

運転資金のお金を借金した体験

私は以前は自営業をしていました。
お店を経営していました。
模型店です。
前に勤めていた会社の工場が閉鎖になり、そのあとどうしようか考えていたところ、知り合いからお店を出すことを勧められました。
商品仕入れや、お店の什器購入、お店の改装など開業資金は退職金を使用しました。

 

 

お店を開業してからしばらくすると、お客さんが増えてきましたが、経営を安定させるほどにはなりません。
当面の運転資金と生活費を工面しなければなりません。
銀行や信用金庫やゆうちょ銀行に融資の相談にいきましたが断られてしまいました。

 

これからどうしようか困っていたところ、消費者金融の無人契約機のことを思いつきました。
無人契約機は初めてで不安でしたが、必要な書類は運転免許証だけで済みましたので、思っていたよりも簡単に契約をすることができました。
即日融資なので、その日の夜に、限度額まで借り入れをしました。
そのときは安心しましたが、翌月からは払いが始まります。

 

利息分もありますので、毎月の返済が大変になりました。
このままでは支払いは難しくなると思い閉店をすることにしました。
派遣社員の仕事を始めました。
収入がほとんど同じ金額ではいりますので、計画を立てることにしました。

 

お金を返せる余裕がないのに借金

私以外にもいると思って書きたいのですが、私は結構な浪費家で浪費家プラス欲しいものの値段が高いというコンボです。そして欲しいものは絶対欲しく、手に入れられないと長年それについて考えたりしてしまい「あーあのとき借金してでも買えばよかった」と思うこともしばしばあります。

 

 

そして「それなら借金したらいいのではないか」と思い立ち、自分の月給で賄えないものを購入してしまったのです。
借金も一回ならばまだ返せます。

 

しかし何回もお金を借りていくうちに感覚が麻痺し、借りているお金なのに自分のお金のような感覚になるのです。そうなると、今借りているお金は自分のものだから好きに遣ってもよい、そしてまたお金がなくなったのなら違うところから借金をしたらよいのだ、という結論に達しました。今考えてもおかしい発想ですし、理屈も全然通っていないのですが当時は「それしかない、それが正しい」と思ってお金を借りていました。

 

最終的に自分ではお金が返せなくなり、自分の家のポストにくるのは金融会社の請求書だけで、それを見るだけで精神的に病んで来ました。
自分で自分を抑えてお金を借りないきちんと返済することができれば本当はよかったのですが、まだ自分のやっていることが理解できずに、最終的には一緒に暮らしている家族からお金を借りて返済に充てました。

 

賢い借金返済方法は?はっきり正直に答えます。

 

お金のない生活、借金返済で我慢してストレスになった過去

借金生活をしている中で不満だったのが何もお金を使えない点でした。
確かに自分のせいで借金を抱えていたので出費は避けるべき状況でした。

 

 

実際にショッピングをするのも面倒で返金するために貯金していたのです。
私は借金をする以前は好きな品物を買って自由に生きていたと思います。

 

しかしお金がなくなって生活に困ると必然的に金融サービスに手を出しました。
その時は家族に頼まなかったので自分の借金だけが増加していきました。

 

確かに家族に頼めばお金を貸してくれる感じがありましたがそれを拒否しました。
私は自立したかったので自分で借金生活を続けることを選んだのです。
結果的に色々なことを我慢してストレスが大きくなりました。

 

それでもいつかは借金返済ができるというイメージがあったのです。
借金での大きなストレスはショッピングができないことにありました。
以前は好きな商品を買えたので立場が変わったのが辛かったです。

 

しかし自分は生活を質素にしてお金を集めることに集中しました。
実際にはストレスで腹痛や頭痛がしましたが全て自分の責任でした。

 

私は借りていたお金のためにアルバイトや副業をして真面目な態度になりました。
そういった努力は将来のためになったので結果的には良い借金経験だったと思います。

 

自然とため息の出る借金返済日、お金の振り込み

借金返済をしていて毎回ぐらいに思ってしまうことと言えば、「なぜに借金をしてしまったんだ!」ということですね。毎回返済日の度に思いますよ。
しかも当たり前ですけれど、身内からの借金ではなくって、金融機関(消費者金融)からの借金ですから、利子がついてしまうじゃないですか。
それって結構痛いものですよね…。

 

 

まあもっとも、消費者金融にしましても、ボランティア活動の一環でお金を貸しているわけではありませんので、利子をもらうのは当然なのですが。
ですから利用者は愚痴なんて言っているものではないのですけれど。それに利子って、「お金を貸す」というサービスに対する利用料みたいなものですからね。

 

ですからまあ、借金返済は致しますよ。けれども、やっぱりキツイわけです。
無理目な返済計画は立てませんので、借金返済の金額はせいぜい3万円程度なのですが、けれどもお給料のなかから3万円って大きいですから。
毎年返済日に返済金額を振り込むたびに、「ああああ〜」とは思ってしまいますね。

 

本当にわざとではなくって、ため息が自然と出てきます。
まあしかし、そのようなことを言ったところで、それならば借金なんてしなければいいというものですけれど、しかしその時はお金が必要だったのですから仕方がないことでしょう。

 

限界を超えた借金、お金はどう返済するか

借金苦という言葉がありますが、借りたお金は返さなければならない以上、苦しいのは当たり前です。
問題は、その苦しみの大きさです。ほんの少し苦しいのか、結構苦しいのか、それとも非常に苦しいのか、それが問題なのです。

 

 

結論を言うなら、何とか耐えられるレベルまでの借金苦であれば、基本的に大丈夫です。
そんなに騒ぐ必要はありません。健康に気を付けつつ返済に励めばいいのです。

 

しかし耐えられないレベルになってしまったら、その時には一大事となります。
耐えられない借金苦とは、要するに自力では返済できなくなってしまうということです。
一刻も早く助けを求めなければなりません。

 

助けを求めるのは、誰でも構いません。
誰か助けてくれそうな人がいたら、とりあえず片っ端から声を掛けて相談するのです。
そうすれば、きっと話を聞いてくれる人は見つかります。

 

そして話を聞いてくれた人の中には、お金を貸してくれたり、良い知恵を授けてくれたり、その他、何らかの力になってくれる人も現れることでしょう。
とにかく借金で本当に苦しくて仕方がない時、自分一人で抱え込むのは最悪のパターンです。
一人で苦しんでいても、希望の光は全然見えないことでしょう。

 

しかし誰かに相談すれば、きっと希望はあります。
もしも身近に誰も相談相手が見つからなければ、行政などの相談窓口を積極的に利用するのも一案です。
そうすれば、少なくとも自分一人で抱え込んでいるよりは良い結果が得られるはずです。

 

借金返済は、お金も気力もどんどん奪い取る

どうしても借金をせざるを得ない状況ならともかく、避けられるのであれば借金をすることは出来るだけ避けた方が良いですよ。
私も若かりし頃に借金をしました。
原因はここでは言及を避けさせていただきますが、とにもかくにも自らが蒔いた種が原因だったので言い訳は一切できません。

 

 

まだ20代だった私にのしかかった、およそ新入社員のサラリーマンの年収分ほどの借金は私から何かをする気力をことごとく奪っていきました。
何というか、全てが虚しく感じ無気力になっていくのです。

 

人には会いたくなくなりましたし、外へ出るのも億劫になりました。
というよりも、借金をして卑屈になった自分を見られるのが怖かったのかもしれません。
とにかく人目を避け、何もかもが嫌になって部屋に閉じこもるようになってしまったのです。

 

光明は兄からの叱咤激励でした。
いつまでも甘えるな!親だっていつまでも元気じゃないんだから、そうなったらお前はこの家から追い出すからな!と言われたのです。
何というか目が覚めましたね。

 

結局、借金は兄が肩代わりをしてくれる形で返済をすることが出来ました。あの瞬間の、ふわっと体が軽くなった感覚は忘れられませんね。
今となっては恥ずかしい過去ですが、あれ以来何があっても借金だけはしないように過ごしています。
そして肩代わりしてもらった分は、シッカリと働いて兄に返しましたよ。

 

借金をするのはなぜいけないのか

「借金の何がいけないの?」を考えている方は意外に多く、それに感化される方もまた多いが現実です。
ここでは、なぜ借金をすることがいけないのかを紹介していきま。

 

 

・常に追い込まれている感がある
借金をする人のほとんどが、借金があることで毎日追い込まれている感覚に襲われる人が多いようです。
これは借入した額に限らずどんなに小額でも追い込まれている感があります。
心理学的には、言葉には表さなくても意識的に「借金はいけないもの」を考えてしまっているのが原因です。

 

しかしこの感覚があるからこそ無理な借入れなどをしないのですが、それでも追い込まれている間を感じない人は要注意です。
気付いたら借金が膨れ上がっていて返済不可能の陥ってしまったという人が非常に多いんです。

 

・返済に時間を取られる
借金をすると毎月約定日に返済をしなくてはなりませんが、これが意外に時間を取られます。
近くに返済可能なATMなどがないと尚更ですね。
時間もお金だと考えると、そうホイホイと借金はしていられません。

 

いかがでしょうか?借金をすること自体は悪いことではないのですが、こういった心理的負担や時間の無駄を生んでしまうからこそ「借金はいけない」と言われているのです。

 

弟の結婚で10万円、お金を借金

介護業界は3Kの職場と言われますが、中でも給料が安いは正直辛いです。
以前勤めていた特別養護老人ホームでは月の手取りが14万強でしたが、これは交通費込みで実際には13万円後半が良いところでした。
地方都市とはいえ一人暮らし、正直13万円ではカツカツでどうにかやっていける金額、病気になったら即アウトです。

 

そんな折、二つ年下の弟が結婚することになりまして、日帰り(公休・有給ともに取れず)で結婚式に出席することになりました。
飛行機代が往復3万円、電車での移動費が往復1万円、ご祝儀やら付き合いのお金で結局10万円が飛びました。貯金もなく、両親とは疎遠んな状態であり、目出度い席で、そんなことも言えず結局キャッシングでその10万円は賄いましたが、それからの返済がシンドくて、シンドくて…。

 

もともとカツカツなところに借金ですから、返済しようにも月々1万円も返せません。
利子を滞納することはありませんでしたが、削るところといったら食費以外になく、しばらくは納豆と玉ねぎと卵とマヨネーズが副菜の定番でした。

 

体重も減って、ある意味健康的な生活であったとは思いますが、肉体労働ですし、夜勤もやりますし、病気になってもお金はありませんし気が気ではない…。
半年ほど後に年に一回の賞与が11万円ほど支給されまして、それで返済した後、ラーメン屋で食べたチャーシューメンの美味しさは今でも忘れられません。

更新履歴