お金 借りる

お金に困って借りるしかないなら・・

MENU

総量規制で安心してはいけません

現在、消費者金融などの金融業者から借入れを行える上限額は年収の1/3までというルールがあります。これを総量規制と言い、例えば年収が300万円の人の場合、100万円が上限になります。

 

年収の1/3までであれば充分返済していけるという考え方からこのルールがありますが、この上限まで借りてしまうと現実的には返済は難しくなってしまいます。それは、基準が実際の手取りの所得額ではなく、年収額だからです。

 

300万円の年収の場合、手取りとなる所得額になると、250万円以下になります。もちろん借りたお金には金利が掛かります。年利が15%とすると、ざっと年間115万円を借りていることになり、手取り額の半分くらいを占めてしまいます。これでは普通に考えて、とても返済は行っていけません。

 

このように、総量規制があるから大丈夫だと思って借りられるだけ借りてしまうと、借金苦に陥ってしまう可能性が非常に高いということです。

 

また、そうして返済が難しいほどの借金を背負ってしまうと、総量規制に達してしまっているのでそれ以上は正規の金融業者からは借りられないので、その返済の為に闇金などの非正規の業者に手を出してしまうことも珍しくありません。そういった業者はとても金利が高く、返済の為に借りたつもりが更に借金を増やしてしまうことになってしまいます。

 

無理なく返済できる範囲までという意味で導入されているこの総量規制ですが、その上限まで借りてしまうのは大変危険だということです。

 

色々な金融業者から借金を重ねても総量規制があるから大丈夫、とは絶対に考えてはいけません。借金はきちんと自分で実際の所得額や返済に回せる額などを計算して、返済ができる範囲までに留めておきましょう。